日本が米国にサヨナラ勝ち ソフトボール日米対抗

ソフトボール女子の日米対抗で、サヨナラ勝ちし喜ぶ日本の選手たち=6日、福島県営あづま球場
ソフトボール女子の日米対抗で、サヨナラ勝ちし喜ぶ日本の選手たち=6日、福島県営あづま球場

ソフトボール女子の国際親善試合、日米対抗が6日、福島市の福島県営あづま球場で開幕し、昨夏の東京五輪で金メダルに輝いた日本代表が同銀メダルの米国代表に2―1でサヨナラ勝ちした。

0―1の四回に原田(太陽誘電)の本塁打で追い付き、七回1死三塁で我妻(ビックカメラ高崎)の内野安打で試合を決めた。後藤(トヨタ自動車)が13三振を奪って完投した。

日米対抗は東京五輪や新型コロナウイルスの影響で3年ぶりの開催となった。7日も東京五輪の会場となった福島県営あづま球場で行われ、8日は同決勝の舞台だった横浜スタジアムで実施される。

会員限定記事会員サービス詳細