価値ある4WD 新型日産キックス試乗記

一部改良を受けた新しい日産「キックス」の4WDモデルに小川フミオが、テストコースで乗った!

所有するよろこびを感じさせてくれそうな1台

燃費がよくて、室内が広く、スポーティなルックスのSUVが欲しければ、日産「キックス」を検討してはどうだろう。2022年7月19日には、後輪を電動駆動する4WDモデルも追加。“シティ派SUV”として人気を集める同車の能力がより上がる。

キックスは前輪駆動モデルが、2020年6月に先行発売されている。「e-POWER」と呼ばれるシリーズ・ハイブリッドで、特徴はエンジンを搭載しているけれど、駆動用バッテリーに電力を供給するためにのみ使われる点。

メリットは、トルクがたっぷりあるモーターのおかげで、きびきびと走り、とくに市街地では扱いやすさが抜群だ。その上、見た目も適度にアグレッシブで、所有するよろこびを感じさせてくれそうな1台だ。

今回乗ったのは、(発売前の)4WDモデル「X FOUR スタイルエディション」で、シートがたばこ色のダークブラウンとなる。ダークブルーの車体色とのマッチングがいい。

「X FOUR」は、前輪駆動版をベースにして、後輪駆動用の電気モーターを追加したもの。「ノート・オーラ4WD」に準じたシステムだ。パワーは、100kW(136ps)と280Nm。オーラと出力は同一で、トルクが20Nmしぼられている(オーラは300Nm)。

同時に、前輪駆動版もパワーアップし、最高出力95kWと最大トルク260Nmだったものが、4WDと同一に引き上げられた。

前輪駆動の「X」に対して、X FOURは、後輪を駆動するためのモーター(50kWと100Nm)が追加されている。基本的には駆動力を前後輪に振り分けて、滑りやすい路面などの走破性を高めようという設定だ。

頼りになる4輪駆動

試乗したのは、限られた舗装路面。全長4290mm、全高1605mmのボディに、1360kgの車重。それほどコンパクトではないものの、期待以上に頼もしい加速を体感させてくれた。試乗場所が「グランドライブ」と呼ぶ日産のテストコースだったうえに、試乗時間も限られていたため、詳細な評価は叶わなかったが、短時間の試乗でも「あ、いいクルマだな」ということはわかった。

市街地など日常的な使用において、活発な走りが体験できるのが美点だ。スタート時など、ちょっと多めにアクセルペダルを踏み込むと、力強い発進加速を見せてくれる。あいにく積雪路は体験できなかったが、ノート・オーラ4WDの安定した走りから想像すると、キックスX FOURも頼りになりそうだ。

「アリア」に搭載する「e-4ORCE(イーフォース)」なる日産独自の高度な4輪制御システムであるのに対し、キックスの場合は従来のものと大きく変わらない。とはいえ、生活のなかで頼りになる4輪駆動となりそうだ。

会員限定記事会員サービス詳細