天皇ご一家、ご黙禱 広島原爆の日に当たり

宮内庁によると、天皇、皇后両陛下は6日午前、広島の原爆の日に当たり、長女の敬宮(としのみや)愛子さまとともに皇居・御所で黙禱(もくとう)された。上皇ご夫妻も同日、赤坂御用地にあるお住まいの仙洞(せんとう)御所(東京都港区)で、広島市で開かれた式典の様子をテレビで見守りながら、黙禱されたという。

上皇ご夫妻は広島の原爆の日のほか、沖縄での組織的戦闘が終結したとされる慰霊の日(6月23日)、長崎へ原爆が投下された日(8月9日)、終戦の日(同15日)を「忘れてはならない」4つの日とし、毎年欠かさず黙禱されてきた。両陛下も皇太子同妃時代から4つの日に黙禱をささげられている。

会員限定記事会員サービス詳細