連続死球、騒然… 新庄監督が直接謝罪「申し訳ない」

3回、2打席連続死球を受けたオリックス・杉本(中央右)に言葉をかける日本ハム・新庄監督=京セラドーム
3回、2打席連続死球を受けたオリックス・杉本(中央右)に言葉をかける日本ハム・新庄監督=京セラドーム

日本ハムの新庄監督が、一、三回に田中が連続死球を与えたオリックスの杉本に直接謝罪する珍しい場面があった。両チームの選手や首脳陣がベンチを出て騒然となる中、一塁付近まで行って「悪いことしたね」と〝仲裁〟。7月19日の対戦でも同様に田中が投球を当てており「投手の技術の問題だから申し訳ない」と真摯に対応した。

険しい表情から笑顔になった杉本は間近で見る新庄監督に驚き「ビッグボスだ」と繰り返していたという。(京セラ)

1回(左)に続き、3回に2打席連続で死球を受けたオリックス・杉本=京セラドーム
1回(左)に続き、3回に2打席連続で死球を受けたオリックス・杉本=京セラドーム
3回、2打席連続死球を受け、一塁に向かうオリックス・杉本(手前)=京セラドーム
3回、2打席連続死球を受け、一塁に向かうオリックス・杉本(手前)=京セラドーム

会員限定記事会員サービス詳細