現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

ソウルからヨボセヨ

韓国宗教事情と日本人 旧統一教会より多い創価学会信徒

ソウルの日本大使館によると韓国在住の日本人は現在、約4万1000人だが、その中で結婚移民とその子供たちが最も多く約半数を占めている。以下は推定になるが、少なからぬ結婚移民は今、日本で問題になっている旧統一教会の信徒で韓国人と結婚した日本女性とみられている。

韓国には中国や東南アジアなど海外からの結婚や出稼ぎ移民が多く、政府や地方自治体では「多文化・共生社会」のための事業や行事が盛んで、地方ではそうした現場での日本人女性の活動ぶりが目を引く。

その旧統一教会系のママたちの親睦会に「ライラック」というのがあって会報が送られてくるが、表紙には「日本人として輝こう!」と書かれている。宗教色、政治色はほとんどなく生活情報誌的で最新号は「女性らしさとは?」が特集になっている。

ランキング

  1. 尹氏、日韓関係回復に意欲 歴史「譲歩と理解で解決」 就任100日で記者会見

  2. 反トランプ派敗北 ワイオミング州予備選 米報道

  3. 【主権回復】第4部 戦争とどう向き合う (5) 世界初サイバー戦争 開戦 押し返すウクライナ、米が長期支援

  4. 対ロシア人ビザ大幅削減 フィンランド「欧州旅行妥当ではない」

  5. 露、「ウクライナの破壊工作」 クリミアで再び爆発

  6. 中国報道官「日本の歩み寄り」期待 韓国「安倍派に配慮」と報道

  7. 露司令部、へルソンから撤退 ウクライナ当局者

  8. 尹韓国大統領、元徴用工訴訟で日本の懸念に配慮姿勢

  9. 蔣介石の「大陸反攻」作戦ノート発見 仏、旧日本軍将校が作成

  10. 米、中国は過剰反応と批判 議員団訪台は「続く」

会員限定記事