日本は順位決定戦へ カヌー・スプリント世界選手権

カヌー・スプリントの世界選手権は5日、カナダのハリファクスで行われ、各種目準決勝が行われた男子は、カヤックフォア500メートルの日本(水本、松下、棚田、小松)、カナディアンペア500メートルの永沼崚(永沼)八角周平(栃木県スポーツ協会)組らが決勝進出を逃し、順位決定戦に回った。

障害者によるパラの部で、男子カヤックシングル200メートル(運動機能障害KL2)の辰己博実(テス・エンジニアリング)と女子バーシングル200メートル(同VL2)の小松沙季(電通デジタル)が8位に入った。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細