現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

教科書が教えない 拉致問題

(13)北の秘密「知りすぎた」被害者たち 工作員の教育係として利用 映画製作のため韓国女優も 編集長・中村将

金正日総書記の執務室に招かれたときの写真。金総書記を挟んで左が申相玉さん、右が崔銀姫さん=1983年10月(共同)
金正日総書記の執務室に招かれたときの写真。金総書記を挟んで左が申相玉さん、右が崔銀姫さん=1983年10月(共同)

1960年代から70年代にかけて韓国で人気を博した女優、崔銀姫(チェ・ウニ)さん(2018年死去)も北朝鮮に拉致された被害者だった。

1978(昭和53)年1月、実業家を装った人物から映画会社を設立する話をもちかけられ、訪れた香港から船で北朝鮮に連れ去られた。崔さんが消息を絶った後、元夫で映画監督の申相玉(シン・サンオク)さん(2006年死去)は香港に捜しに行き、同じ年の夏、同様に北朝鮮に拉致された。2人の拉致を命じたのは、金正日(キム・ジョンイル)総書記(11年死去)本人だった。

「なぜ、あなたたちを連れてきたのか説明します。映画製作を任せたかったのです」。金総書記は2人を前にそう説明した。

ランキング

  1. 【正論】突如一丸となる米の特性理解を 元駐米大使・加藤良三

  2. 【産経抄】8月17日

  3. 【浪速風】生命のゆりかご

  4. 【社説検証】ペロシ米下院議長訪台 産経「米台団結具現した」 「なぜ今」と朝日は疑問視

  5. 【主張】中国の科学力 専制主義と切り離せない

  6. 【主張】NHK党の反論 サラリーマンをなめるな

  7. 【主張】GDPの回復 物価高への警戒を怠るな

  8. 【一筆多論】APが報じたソ連の蛮行 岡部伸

  9. 【正論】この夏に思う 抑止力強化へ悪しき洗脳を解け 福井県立大学教授・島田洋一

  10. 【産経抄】8月15日

会員限定記事