ヤクルト村上、新型コロナ特例で出場選手登録外れる

ヤクルト・村上宗隆
ヤクルト・村上宗隆

ヤクルトの村上宗隆内野手が6日、新型コロナウイルス感染拡大防止特例の対象選手として出場選手登録を外れた。入団2年目の2019年開幕戦から続いた連続試合出場は503試合で途切れた。特例は感染者や濃厚接触者となったり、家族に感染の疑いが生じたりした際に対象となり、復帰が可能なら本来の規定の10日間を待たずに再登録できる。

村上は2日の中日戦でプロ野球史上初の5打席連続本塁打を達成。5日時点で、セ・リーグでともにトップの39本塁打、98打点、同3位の打率3割2分をマークし04年の松中信彦(ダイエー=現ソフトバンク)以来の三冠王が期待されている。

また、中日は中継ぎの藤嶋健人投手が陽性判定を受けたと発表した。他にチームスタッフ1人が陽性となった。ともに無症状。

会員限定記事会員サービス詳細