中国大使「米こそ問題児」 台湾情勢緊迫化で反論

秦剛氏
秦剛氏

中国の秦剛駐米大使は「台湾海峡の平和と安定にとってのトラブルメーカー(問題児)は米国だ」と非難した。在米中国大使館が5日、秦氏が4日にホワイトハウスに呼び出された際に反論した内容として明らかにした。

秦氏は、中国が何度も警告したにもかかわらず、米政府はペロシ下院議長に台湾を訪問させたと非難。台湾周辺における中国の軍事活動を「台湾独立勢力を抑止し、国家主権と領土の一体性を守るためだ」と正当化し「現状の責任は米国が全面的に負わなければならない」と主張した。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細