現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

8月5日

トラックやバスなど商用車メーカー大手、日野自動車の前身は東京瓦斯(ガス)電気工業である。名前の通り、ガスや電気の器具を製作していた会社が、自動車製造に乗り出すことになった。そこで大正6年に迎え入れたのが、伝説の天才エンジニア、星子勇である。

▼星子はまもなく独自設計のトラックの試作に成功して、翌年には日本で初めて量産を果たす。航空機エンジンの開発にも取り組んだ。昭和13年に周回航続距離で世界記録を樹立したプロペラ飛行機「航研機」製造の指揮を執ったことでも知られる。過労がたたって昭和19年に亡くなった。

▼戦後、日野の技術者たちは「星子イズム」を受け継いで、数々の傑作を世に送り出してきた。昨年3月期の売上高1兆4984億円、グループ従業員約3万5千人の巨大企業が、何という体たらくだろう。エンジンの排出ガスと燃費性能に関する国の検査についてデータを改竄(かいざん)していたと発表したのは、今年3月である。平成28年以降に始まったと説明していた。

ランキング

  1. 【ソウルからヨボセヨ】日本人妻たちのデモ

  2. 【産経抄】8月20日

  3. 【主張】尹政権の対日政策 行動なしの改善あり得ぬ

  4. 【主張】ミャンマー問題 ASEANは介入強めよ

  5. 【正論】新内閣は経済安保〝二の矢〟急げ 明星大学教授・細川昌彦

  6. 【浪速風】安心材料がほしい

  7. 【主張】中国の科学力 専制主義と切り離せない

  8. 【産経抄】8月19日

  9. 【主張】「佐渡」の遺産登録 政府は不手際を猛省せよ

  10. 【偏西風】侵攻半年 キーウからの留学生 隷属しない心 大切に育てる

会員限定記事