圏央道で玉突き事故、男性1人が意識不明の重体 神奈川・厚木

5日午前9時10分ごろ、神奈川県厚木市上依知の圏央道外回り線で、中型トラックと普通乗用車2台、大型トラック1台が絡む玉突き事故があり、中型トラックに追突された普通乗用車に乗っていた男性1人が意識不明の重体、別の普通乗用車に乗っていた男性(48)と長男(10)の親子2人が重軽傷を負った。

県警高速隊によると、渋滞中の車列に中型トラックが追突して前方の乗用車と大型トラックが玉突き事故を起こした。同隊は自動車運転処罰法違反(過失致傷)の疑いで、中型トラックを運転していた群馬県邑楽町新中野の会社員、安全寺信行容疑者(38)を現行犯逮捕。容疑を認めている。同隊が詳しい事故原因を調べている。

会員限定記事会員サービス詳細