新韓国大使がSNS発信開始 日本国民に「関係正常化へ最善尽くす」

駐日韓国大使の尹徳敏氏=7月16日(三尾郁恵撮影)
駐日韓国大使の尹徳敏氏=7月16日(三尾郁恵撮影)

在日韓国大使館に7月に着任した尹徳敏(ユン・ドクミン)大使が、大使館の交流サイト(SNS)で外交活動の発信を始めた。4日には、日本国民に向けた動画で、「厳しい韓日関係の正常化に向けて、最善を尽くす」とあいさつしている。

尹氏は4日、韓国大使館のフェイスブックに「日本のみなさんへ」と題した動画を投稿。韓国語に日本語の字幕を付け、「厳しい韓日関係の正常化に向けて、いかなる努力もいとわない覚悟で、最善を尽くす」と述べている。日本への留学経験があり、ラーメン好きと自己紹介し、「日本のご当地ラーメンを食べ歩きたい」と親しみやすさをアピールした。

韓国大使館のフェイスブックは2011年に開設。これまでは文化や観光紹介が主だったが、尹氏着任後、7月25日に米大使公邸を訪問、8月2日に中国大使との面談など外交活動も投稿している。

各国の在日大使館は、情報発信にSNSを活用している。米国のラーム・エマニュエル大使は尹氏との面談について自らのツイッターで、「日韓関係の改善に向けた尹大使の決意を全面的に支持する」とコメントしている。(石川有紀)

会員限定記事会員サービス詳細