サル痘、感染3例目確認 米軍横田基地所属の20代男性

サル痘ウイルスの電子顕微鏡写真(米疾病対策センター提供・共同)
サル痘ウイルスの電子顕微鏡写真(米疾病対策センター提供・共同)

厚生労働省は5日、欧米を中心に感染者が増えているウイルス感染症「サル痘」について、米軍横田基地(東京都)所属の20代男性の感染を確認したと発表した。男性は横田基地内の医療機関に入院している。日本での感染確認は3例目。

厚労省によると、男性は発疹や頭痛、身体の痛みなどの症状があり、4日に基地内の医療機関を受診、同日入院したという。日本政府は5日に米国側から感染の疑いがあるとの通報を受けた。

男性は令和元年以降に渡航歴はないが、発症前に海外から日本を短期訪問中だった人物と接触があったという。検査については日米間で調整し、日本側で実施した。

会員限定記事会員サービス詳細