米、中国のミサイル発射非難 空母展開継続 リスク回避でICBMは延期

会見に臨む米国家安全保障会議(NSC)のカービー戦略広報調整官=4日、ホワイトハウス(AP)
会見に臨む米国家安全保障会議(NSC)のカービー戦略広報調整官=4日、ホワイトハウス(AP)

【ワシントン=渡辺浩生】中国人民解放軍が台湾周辺で軍事演習行い弾道ミサイルを発射したことついて、米国家安全保障会議(NSC)のカービー戦略広報調整官は4日、「台湾海峡の平和と安全の維持というわれわれの長期的な目標と相いれない無責任な行為だ」と非難した。

カービー調整官は、中国が軍事的威圧をエスカレートさせ、台湾海峡の現状を新たに変更させる「ニューノーマル(新常態)」を試みていると分析し、警戒感を示した。

このため、カービー氏は空母ロナルド・レーガンと同空母打撃群の艦船を状況監視を目的に展開を継続させると表明。日本を含む地域の同盟諸国の安全のために「さらなる措置を講じる用意がある」としている。

一方で、カービー氏は、米中間の判断ミスなど不測の事態につながるリスク回避を目的に、米軍が今週予定していた大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射実験を延期させると発表。延期は米核抑止態勢への影響はないとしている。中国当局との対話のラインは維持しているとも強調した。

会員限定記事会員サービス詳細