首相、ペロシ氏と台湾海峡の平和へ連携確認 ミサイル発射「重大な問題」

朝食会を前にペロシ米下院議長(左)と握手をする岸田首相=5日午前、首相公邸(代表撮影)
朝食会を前にペロシ米下院議長(左)と握手をする岸田首相=5日午前、首相公邸(代表撮影)

岸田文雄首相は5日午前、ペロシ米下院議長と首相公邸で会談した。中国人民解放軍が台湾周辺で「重要軍事演習」を開始したことを踏まえ、台湾海峡の平和と安定を維持するため、日米が緊密に連携していくことを確認した。首相は、中国軍が発射した弾道ミサイル5発が日本の排他的経済水域(EEZ)に着弾したことについて、「わが国の安全保障および国民の安全に関わる重大な問題だ」とペロシ氏に伝えた。

首相が会談後、官邸で記者団の取材に明らかにした。首相は会談で、「中国に対して強く非難し、抗議した。今般の中国側の行動は地域および国際社会の平和と安定に深刻な影響を与えるもので、軍事訓練の即刻中止を求めた」と説明した。

会談は首相主催の朝食会の形式で約1時間行われた。日本側は木原誠二官房副長官、米側はエマニュエル駐日大使らが同席した。首相とペロシ氏は台湾への圧力を強める中国を念頭に、日米同盟の強化や法の支配など「自由で開かれたインド太平洋」の実現に向けた協力を確認した。ペロシ氏は、安倍晋三元首相が先の参院選の街頭演説中に銃撃され、死亡したことに対する弔意も伝えた。

このほか、弾道ミサイルの発射を繰り返す北朝鮮問題、ロシアによるウクライナ侵攻を含めた地域情勢や首相が掲げる「核なき世界」に向けた取り組みについても意見を交わした。

ペロシ氏の来日は平成27年以来。当初、今年4月に来日する予定だったが、新型コロナウイルス感染のため延期されていた。ペロシ氏は5日午後、細田博之衆院議長とも会談する。

中国軍事演習「即刻中止を」 岸田首相発言全文

会員限定記事会員サービス詳細