サッカーACLで声出しエリア設置 埼玉で集中開催の決勝トーナメント

埼玉スタジアム
埼玉スタジアム

Jリーグは5日、埼玉で集中開催されるアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)東地区の決勝トーナメント1回戦から準決勝まで、声出し応援が可能なエリアを設けると発表した。

埼玉スタジアムで行われる18日の神戸―横浜M、19日の浦和―ジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)では両ゴール裏が当該エリアとなる。観客数の上限は収容定員の50%で、エリア内は前後左右を1席ずつ空けて観客の距離を保つ。

会員限定記事会員サービス詳細