石川で2人低体温症、福井は陸自に災害派遣要請 大雨被害

泥に覆われた石川県小松市で、後片付けをする住民ら=5日午前
泥に覆われた石川県小松市で、後片付けをする住民ら=5日午前

大雨の影響で石川、福井両県でも床上浸水や床下浸水、土砂崩れなどの被害が出た。石川県小松市では、泥水に漬かっていたとみられる2人が低体温症になった。市などが状況を調べている。福井県は、南越前町で一部集落が孤立状態となったため、陸上自衛隊に災害派遣を要請した。

一方、石川県の馳浩知事は公務で訪れていた白山(同県白山市)を下山後に身動きが取れなくなったことについて「災害対策本部長が県庁にいなかった点に、県民が不安を感じた可能性があると思っている」と釈明した。今後、災害対応に与えた影響を検証する考えを示した。

石川県によると、小松市や白山市などで床上浸水が30棟、床下浸水が200棟をともに超えた。能美市の児童関係施設では雨漏りが発生。白山市の高齢者関係施設ではボイラー室が浸水し、断水した。

福井県でも、記録的短時間大雨情報が出た南越前町を中心に複数の住宅で床上浸水が確認された。北陸自動車道の武生IC(インターチェンジ)―敦賀IC間で土砂崩れが発生し、一部が通行止めとなった。

会員限定記事会員サービス詳細