現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

「太陽光発電」はもう要らない キヤノングローバル戦略研究所研究主幹・杉山大志

キヤノングローバル戦略研究所研究主幹・杉山大志氏
キヤノングローバル戦略研究所研究主幹・杉山大志氏

昨年制定された日本のエネルギー基本計画には再エネ最優先と書き込まれ、政府は更なる大量導入を目指している。だが今や太陽光発電には問題が山積している。

二重投資に過ぎない

国土交通省の資料を見ると、150万円の太陽光発電パネルを住宅に設置すると、15年で元が取れるという。たしかに建築主は自家消費分の電気代を減らし、電力会社に売電をするなどで高額な収入を得られる。売電時には電力会社が高く買い上げる制度がある。

ランキング

  1. 【宮家邦彦のWorld Watch】中国、5年に1度の強硬主義

  2. 【直球&曲球】野口健 「自分の国は自分で守る」覚悟と行動

  3. 【産経抄】8月11日

  4. 【主張】第2次改造内閣 一刻も早く国難に対処を

  5. 【正論】この夏に思う 戦後レジーム脱却、最後の機会 拓殖大学顧問・渡辺利夫

  6. 【正論・戦後72年に思う】昭和20年8月15日が、どうして「敗戦」ではなく「終戦」なのか 防衛大学校名誉教授・佐瀬昌盛

  7. 【主張】大谷がまた偉業 後進に人の可能性示した

  8. 【正論】「太陽光発電」はもう要らない キヤノングローバル戦略研究所研究主幹・杉山大志

  9. 【産経抄】8月10日

  10. 【主張】プーチン海洋戦略 北方領土で無法を許すな

会員限定記事