宮城県がBA・5対策宣言 知事「県民は協力を」

記者会見する宮城県の村井嘉浩知事(右)=5日午後、宮城県庁
記者会見する宮城県の村井嘉浩知事(右)=5日午後、宮城県庁

宮城県は5日、新型コロナウイルス対策として政府が新設した「BA・5対策強化宣言」を発令した。期間は31日まで。

郡和子仙台市長とともに記者会見した村井嘉浩知事は「救急搬送困難事例が急増し、医療提供体制に多大な負担がかかっている。県民の皆さんには感染対策に協力してほしい」と呼びかけた。

宮城県では、病床使用率が4日時点で50%を超えた。①高齢者らに対する混雑した場所への外出自粛②ワクチン接種③在宅勤務―などを呼びかける一方、社会経済活動との両立を考慮し一律の行動制限は取らず、飲食店などへの補償もしない。

発熱外来の負担軽減のため、検査キットの配送申し込みや陽性者登録を、患者個人がインターネット上でできるようにする。

会員限定記事会員サービス詳細