アマゾン、掃除機「ルンバ」のアイロボットを買収 2000億円超

 アイロボットジャパンの「ルンバj7+」
 アイロボットジャパンの「ルンバj7+」

米アマゾン・コムは5日、ロボット掃除機「ルンバ」を手がける米アイロボットを買収すると発表した。買収額は負債も含めて約17億ドル(約2300億円)。家電やロボット事業を強化する。

アマゾン担当幹部は声明で「顧客の暮らしをより快適で楽しいものにする」と意義を強調した。アイロボットのコリン・アングル最高経営責任者(CEO)はアマゾンによる買収後もCEOの職にとどまるという。

アイロボットは2002年に初代ルンバを発売。人工知能を備えて自動で部屋を回る「お掃除ロボット」は家事時間の短縮につながるとして人気を集め、市場を開拓してきた。近年は他社も高性能の自動掃除機を発売し、競争が激化していた。アマゾンは昨年、人工知能(AI)サービス「アレクサ」を搭載した家庭用の小型ロボット「アストロ」を発表。ロボット事業に注力している。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細