松野官房長官「中国は短距離ミサイルを多数配備。日本も射程」

松野博一官房長官(矢島康弘撮影)
松野博一官房長官(矢島康弘撮影)

松野博一官房長官は5日の記者会見で、中国が日本の排他的経済水域(EEZ)に弾道ミサイルを発射したことに関し「中国はミサイル能力の強化に取り組んでおり、各種の短距離弾道ミサイルを台湾正面に多数配備し、わが国の南西諸島の一部もその射程に入っているとみられる」と述べた。

さらに「わが国を含むインド太平洋地域を射程に収める中距離弾道ミサイルなどにより、周辺地域への他国の軍事力の接近・展開を阻止し、地域での軍事活動を阻害する能力の強化に取り組んでいる」とも指摘した。その上で「これらのミサイル戦力の急速な増強を含め、一連の中国の軍事動向はわが国を含む地域と国際社会の安全保障上の強い懸念だ。重大な関心を持って注視していく」と述べた。

会員限定記事会員サービス詳細