フォト特集

「先制点を取られたら厳しい」 大谷、3失点で7敗目

アスレチックス戦に「2番・投手兼指名打者」で先発し、投球するエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)
アスレチックス戦に「2番・投手兼指名打者」で先発し、投球するエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)

米大リーグは、エンゼルスの大谷は3日、アナハイムでのアスレチックス戦に「2番・投手兼指名打者」で先発し、5回⅔を7安打3失点(自責点2)で7敗目(9勝)を喫した。10勝目はならずベーブ・ルース以来、104年ぶりの「2桁勝利、2桁本塁打」は持ち越し。奪三振は7で、2桁奪三振は6試合連続で途切れた。

打者では七回に代打を送られ、3打数無安打だった。試合は1―3だった。

ギャラリーページで見る

大谷の話 3点取られたらなかなか勝つチャンスはない。先制点を取られたら厳しい展開になってしまう。(三回の先制機で三直に倒れ)自分があそこで打っていれば勝てた。打てなかったのが敗因。(共同)


会員限定記事会員サービス詳細