ウクライナから避難の柔道少年ら、稽古に汗 五輪メダリストが指導

ロンドン五輪銅メダリストの西山将士さん(左端)から指導を受けるウクライナから避難してきた柔道クラブの少年たち=4日、横浜市
ロンドン五輪銅メダリストの西山将士さん(左端)から指導を受けるウクライナから避難してきた柔道クラブの少年たち=4日、横浜市

ウクライナの柔道クラブに所属し、横浜市に一時避難している少年少女計12人が4日、市内でロンドン五輪男子90キロ級銅メダリスト西山将士さん(37)の指導を受け、稽古に汗をかいた。クラブが昨年11月に市柔道協会とオンライン交流した縁で7月に来日。今月下旬まで滞在する。

稽古は、避難生活中も腕を磨いてもらおうと、横浜市が企画した。西山さんが本場の技術を伝授。12人は大外刈りの踏み込み方などに耳を傾けながら、熱心に打ち込んでいた。

ロンドン五輪銅メダリストの西山将士さん(左端)から指導を受けるウクライナから一時避難してきた柔道クラブの少年たち=4日、横浜市
ロンドン五輪銅メダリストの西山将士さん(左端)から指導を受けるウクライナから一時避難してきた柔道クラブの少年たち=4日、横浜市

ポリトゥロ・デニスさん(15)は「大好きな柔道をしている間は戦争のことを少し忘れられる。学んだ技をウクライナの仲間にも伝えたい」と話した。市によると、12人は姉妹都市交流を続ける南部の港湾都市オデッサから避難。家族にエッセンシャルワーカーがいるなどの理由で長期避難は難しいという。

会員限定記事会員サービス詳細