J1横浜の宮市は全治8カ月 右膝負傷で2日に手術

J1横浜Mの宮市亮
J1横浜Mの宮市亮

J1横浜Mは4日、右膝前十字靱帯断裂の大けがを負ったFW宮市亮(29)が、神奈川県内の病院で2日に手術を受け、全治8カ月の見込みと診断されたと発表した。来季の復帰を目指す。

宮市は両膝の前十字靱帯断裂などの度重なる負傷を乗り越え、東アジアE―1選手権で10年ぶりに日本代表に復帰。7月27日の韓国戦で途中出場し、負傷交代していた。

会員限定記事会員サービス詳細