韓国、8月限定で「ビザなし観光」可能に

韓国の国旗(AP)
韓国の国旗(AP)

【ソウル=時吉達也】ソウル市は3日、韓国政府が8月末までの期間限定で、日本や台湾、マカオから韓国へのビザなし入国を認めたと発表した。今月10日から市内で開催される観光フェスティバルへの参加者誘致に向け、検討が進められていた。ビザなしでの日本から韓国への渡航が可能になるのは、新型コロナウイルスの流行本格化以来初めて。

ソウル市は「日本などの在外公館でビザ発給に3~4週間以上かかるなど観光客誘致に支障を来したが、今回の決定で韓国訪問や旅行の不便さが改善される」としている。ただ、韓国では昨年9月に電子旅行許可制度が導入されており、航空便の出発72時間前までにウェブサイトで申請し、許可を受ける必要がある。

「ソウルフェスタ2022」は今月10~14日にソウルで開催され、K―POPコンサートや電気自動車(EV)のレースが行われる。

会員限定記事会員サービス詳細