森七菜「『ガリレオ』に染まる秋になるといいな」 福山雅治主演の新作SPドラマ追加キャスト

森七菜(右から2人目)、村上虹郎(同3人目)ら若手やベテランが新作ドラマを彩る(下も)(C)フジテレビ
森七菜(右から2人目)、村上虹郎(同3人目)ら若手やベテランが新作ドラマを彩る(下も)(C)フジテレビ

福山雅治主演、新木優子、北村一輝共演で送る完全新作SPドラマ「ガリレオ 禁断の魔術」(9月17日後9・0、フジテレビ系)。新たに若手俳優の森七菜、村上虹郎をはじめ、鈴木浩介、朝倉あき、平原テツ、澤部佑(ハライチ)、渡辺いっけい、中村雅俊の出演が発表された。

放送前日の16日には映画第3弾となる「沈黙のパレード」(西谷弘監督)の公開が決定しており、ますます盛り上がりを見せる「ガリレオ」。映画の事件の4年前から始まるドラマの導入はこんな感じだ。

≪帝都大准教授・湯川学(福山)のもとを刑事・草薙(北村)と部下の牧村(新木)が訪れる。フリーライター(平原)が殺害された事件で被害者の部屋から倉庫の壁に穴が開くという奇妙な動画ファイルが見つかったのだ。その動画を湯川に見せると『映像が撮影された場所を見せてくれ』と珍しく興味を抱く≫

帝都大医学部の新入生・古芝伸吾を演じる村上は「超殿堂入りシリーズ新作への参加は光栄」と喜び、「自分のキャラクターは敬愛する天才・湯川先生の弟子なので難解な数式と対峙する局面もあり(初共演となった)福山さんの胸を借り存分にぶつかった」と撮影を振り返る。

一方の森は、町工場「クラサカ工機」の娘で高校生・倉坂由里奈を演じる。湯川は、伸吾が帝都大を入学直後に退学し「クラサカ工機」に就職したという情報をつかみ訪問。さらに「警察が来ても僕のことは言わないでほしい」と意味深な発言を由里奈に残す。

9年ぶりに帰ってきたシリーズへの出演に驚き、映画「ラストレター」以来、2年ぶりの共演となる福山については「とても優しくしていただき、安心感のある中で撮影することができた」と感謝。「伸吾と湯川教授をつなぐ大事な役割の由里奈。彼女自身の中にも何が隠れているのか気にしながら見てもらえたらうれしい。『ガリレオ』に染まる秋になるといいな」と笑顔を見せた。

演出の三橋利行氏(FILM)は「『禁断の魔術』は物理学を駆使して事件の謎を解き明かす面白さはもちろん、湯川の教え子への思いをめぐる旧友の草薙刑事との駆け引きなど見どころ満載で、珍しく感情をあらわにする“変人ガリレオ”を堪能していただければ」と説明し、「おなじみのキャストのやりとりは懐かしく、そこに新たなキャストのみなさんが良い化学反応を起こしてくださっている。新しい『ガリレオ』に仕上がっているので、初めて触れる方々にも楽しんでいただけるとうれしい」と語った。

(産経デジタル)


会員限定記事会員サービス詳細