大阪・奈良の登山届、アプリでOK 両府県警が協定

登山届を作成するアプリ「YAMAP」の画面(ヤマップ提供)
登山届を作成するアプリ「YAMAP」の画面(ヤマップ提供)

大阪、奈良両府県内の山に登る際、スマートフォンのアプリで両府県警に正式な登山届(登山計画書)を提出できるようになった。登山時の遭難事故に備えるため、両府県警が登山アプリ「YAMAP」を運営するヤマップ(福岡市)と協定を結んだ。ヤマップは長野など4県警と同様の協定を結んでいるが、近畿では初めて。

両府県警によると、昨年の遭難者は大阪18人、奈良67人。このうち事前に登山届を提出していたのは大阪がゼロ、奈良も10人にとどまるが、届け出をしないと救助の遅れにつながりやすいという。

アプリでは、登山ルートやスケジュールなどを含む登山届を作成でき、提出を選択すればヤマップとともに両府県警が受理する。最適な登山ルートや現在の位置情報を調べることもでき、遭難時には位置情報が警察や消防に提供される。

両府県警は協定を機にアプリの利用が進むことで、遭難事故の減少や迅速な救助活動につながることを期待している。ヤマップとの協定式は2日に行われ、大阪府警の太田将光地域部長は「登山人口が増える中、協定は社会的にも大きな意義がある」と強調。奈良県警の猪原正義生活安全部長は「今後より(3者で)連携を図り、登山者の安全につなげたい」と話した。

登山届は従来、登山者の氏名や連絡先、計画ルートなどを書類に記載し、登山口にあるポストに入れたり警察に届けたりする。登山の盛んな富山県などには届け出を求める条例があるが、大阪や奈良などでは提出が義務化されていない。

会員限定記事会員サービス詳細