C大阪の小菊監督が陽性 川崎戦は高橋コーチが代行

C大阪・小菊昭雄監督=4月10日、ノエビアスタジアム神戸(甘利慈撮影)
C大阪・小菊昭雄監督=4月10日、ノエビアスタジアム神戸(甘利慈撮影)

J1のC大阪は3日、小菊昭雄監督が新型コロナウイルスの陽性判定を受けたと発表した。同日のYBCルヴァン・カップ準々決勝第1戦の川崎戦(ヨドコウ桜スタジアム)は予定通り開催。高橋大輔コーチが監督代行として指揮を執る。

クラブによると、小菊監督は3日の抗原検査で陽性が判明。発熱などの症状があり、療養している。

会員限定記事会員サービス詳細