中国「重大な政治的挑発」 ペロシ氏訪台に猛反発 4~7日に台湾周辺で演習も

中国国旗と台湾の旗(ロイター)
中国国旗と台湾の旗(ロイター)

【北京=三塚聖平】中国国営新華社通信によると、中国外務省は2日夜、ペロシ米下院議長の台湾到着を受けて声明を発表し、「重大な政治的な挑発で、中国は絶対に認めない」と猛反発した。米側に「強烈な抗議」を表明。さらに「中国は必ず一切の必要な措置をとり、国家主権と領土保全を断固として守り抜く」とし、対抗措置をとる構えを強調した。

新華社はまた、中国人民解放軍が4~7日に台湾周辺の複数の空・海域で、実弾射撃を伴う「重要軍事演習」を行うと伝えた。演習予定地域は台湾全体をほぼ取り囲む形で設定しており、ペロシ米下院議長の台湾訪問への対抗措置の一つとみられる。

中国メディアは2日夜、ペロシ氏の台湾到着を前に中国空軍の戦闘機が台湾海峡を越えたと速報した。戦闘機の数は報じていない。一方、台湾側は否定した。

会員限定記事会員サービス詳細