自民・井上義行氏、旧統一教会との関係を陳謝

自民党の井上義行参院議員は3日、国会内で記者団に、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)や関連団体との関係をめぐり「お騒がせしていることについては申し訳ない」と陳謝した。今後の関係については「党と相談して対応したい」と語った。

井上氏は第1次安倍晋三政権当時、安倍氏の政務秘書官を務め、先の参院選で当選した。教団との関係をめぐり安倍氏の関与があったかを問われ「一切ない」と述べた。

井上氏は3日、事務所を通じてコメントを発表した。信徒ではなく「賛同会員」だと説明し、賛同会員になった理由については、自らが掲げた政策に賛同を得られたからだと指摘した。会費や寄付の提示は受けておらず、井上氏からも行っていないとしている。先の参院選における教団や関連団体による動員や寄付も否定した。

会員限定記事会員サービス詳細