現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

国家儀礼としての「国葬」粛々と 国士舘大学客員教授 日本大学名誉教授・百地章

国士舘大学客員教授 日本大学名誉教授・百地章氏
国士舘大学客員教授 日本大学名誉教授・百地章氏

凶弾に倒れた安倍晋三元首相の国葬が9月27日、日本武道館で行われることが正式に決定した。

国内向けでなく国際的視点で

わが国では戦後、国葬令が廃止されたため、昭和42年の吉田茂首相の国葬は、閣議決定により行われた。憲法上、内閣は行政権の担い手であり、行政権の中には立法権、司法権以外の全ての国家作用が含まれる。だから具体的な法令上の根拠はないが、憲法に基づき閣議決定によって「行政措置」が執られた。

ランキング

  1. 【正論】突如一丸となる米の特性理解を 元駐米大使・加藤良三

  2. 【産経抄】8月17日

  3. 【社説検証】ペロシ米下院議長訪台 産経「米台団結具現した」 「なぜ今」と朝日は疑問視

  4. 【主張】中国の科学力 専制主義と切り離せない

  5. 【主張】NHK党の反論 サラリーマンをなめるな

  6. 【一筆多論】APが報じたソ連の蛮行 岡部伸

  7. 【主張】GDPの回復 物価高への警戒を怠るな

  8. 【浪速風】生命のゆりかご

  9. 【主張】学校の半旗 弔意を妨げる方が問題だ

  10. 【正論】この夏に思う 抑止力強化へ悪しき洗脳を解け 福井県立大学教授・島田洋一

会員限定記事