米下院議長の訪台批判 イラン「対立を助長」

2日、台湾の空港に到着したペロシ米下院議長(左から2人目)(台湾外交部提供、AP=共同)
2日、台湾の空港に到着したペロシ米下院議長(左から2人目)(台湾外交部提供、AP=共同)

イラン外務省の報道官は2日、ペロシ米下院議長による台湾訪問は「中国への内政干渉と主権侵害」だとし、米国の振る舞いが「世界の不安定さを増し、対立を助長している」と批判した。国営イラン通信が伝えた。

報道官は、イランとして「一つの中国」政策を支持していく考えを強調した。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細