立民代表、旧統一教会からの寄付・支援「確認されず」

立憲執行役員会の冒頭、発言する泉健太代表=2日午前、国会内(矢島康弘撮影)
立憲執行役員会の冒頭、発言する泉健太代表=2日午前、国会内(矢島康弘撮影)

立憲民主党の泉健太代表は2日の党会合で、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)と所属議員の関係に関する党内調査の結果、旧統一教会からの寄付や物資の受領、選挙活動への支援は、いずれも確認されなかったと発表した。

旧統一教会の関連団体と認識しないまま祝電送付などの関わりをもったケースについては「さらなる精査が必要だ」として、引き続き調査する考えを示した。

泉氏は会合で「立憲民主党にとって旧統一教会が支援団体だったかといえば、明確にノーだ」と強調。さらに「自民党の多くの議員にとって(旧統一教会が)支援団体の1つだったことは間違いのない事実だ」と断じ、国会審議などを通じて追及していく考えを示した。

会員限定記事会員サービス詳細