NPT核心踏みにじられた ウクライナ、ロシアを非難

NPT再検討会議で演説するウクライナのトチツキー外務次官=1日、米ニューヨークの国連本部(AP)
NPT再検討会議で演説するウクライナのトチツキー外務次官=1日、米ニューヨークの国連本部(AP)

ウクライナのトチツキー外務次官は1日、ニューヨークの国連本部で開かれた核拡散防止条約(NPT)再検討会議で演説し、NPTの核心がロシアにより「容赦なく踏みにじられている」と訴えた。ロシアが核攻撃能力を強化したり、核弾頭搭載可能なミサイルを非核兵器国のベラルーシ領内から発射したりしている点などを列挙した。

トチツキー氏は、ロシアによる侵攻は「大量破壊兵器の不拡散体制の有効性と信頼性を損なった」と指摘。民間の原子力施設が史上初めて軍事目標にされたとして「世界は核テロがいかにして現実に起こるかを目の当たりにしている」と強調した。

その上で、国際社会による積極的で協調した対応を要請。核兵器を保有しているとの理由で侵略者が責任を問われないような結果を招かぬよう、行動で示す必要があると呼びかけた。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細