現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

落語一筋に生きる 桂文枝「タレント卒業」79歳の決意

落語家55周年記念独演会で全国ツアー中の桂文枝。「『こんなに元気やで、79歳まだまだがんばるで』というところを見てもらいたい」と語る=大阪市中央区(前川純一郎撮影)
落語家55周年記念独演会で全国ツアー中の桂文枝。「『こんなに元気やで、79歳まだまだがんばるで』というところを見てもらいたい」と語る=大阪市中央区(前川純一郎撮影)

55年間にわたり第一線で活躍してきた落語家の桂文枝が7月16日に79歳となり、桂派の大名跡「文枝」の六代目を襲名してから10年の節目を迎えた。20代の頃から人気タレントとしてスター街道をひた走り、落語界のトップランナーでもあり続ける文枝だが、今年3月、長年続けたテレビの仕事を整理した。残ったのは落語という一本道。80歳を目前に改めて落語と向き合おうとしている文枝の言葉に、耳を傾ける。

一気にスターへ

「本当に順風満帆で。こんなに幸せでええのんかなと思っていました」。自分の人生を語るとき、そんなふうにいえる人はきっと多くない。だが、文枝のこれまでの歩みは、それほど華やかなものであった。

関西大学在学中の昭和41年に三代目桂小文枝(後の五代目文枝)に入門し、三枝と名乗った。わずか10カ月後に、公開収録型の毎日放送のラジオ番組「歌え!MBSヤングタウン」への出演が決定する。

ランキング

  1. 大阪市、夏の水道料金免除 物価高で負担軽減

  2. 高校野球で誤審、審判が異例の謝罪「私たちの間違い」

  3. 【戦後70年】死のうと思い死ねなかった元特攻隊員 生き残ったことに負い目を感じ生活〈三重発2〉

  4. 【World衝撃】人類を救う「ゴキブリのミルク」…栄養は牛乳の3倍、スーパーフード

  5. 【高校ダンス部選手権】だんじりパワーで日本一目指す 大阪・久米田高 近畿大会8月3日から

  6. 【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】次期阪神監督に平田2軍監督の昇格案、球団内にも待望論

  7. 国内最高齢は巽フサさんに 115歳、大阪・柏原在住の女性

  8. 【小林繁伝】王が足首痛めて離脱…長嶋巨人に試練 虎番疾風録其の四(92)

  9. 水も飲めぬのどの痛みも 往診医師が明かす第6波の現場

  10. 【教えて!goo】乳首から太い毛が!抜いてもOK?そもそもなぜ生える?

会員限定記事