林外相、ペロシ氏訪台「コメントする立場にない」

林芳正外相
林芳正外相

林芳正外相は2日の記者会見で、アジア歴訪を開始したペロシ米下院議長が同日夜にも台湾を訪問するとの観測が強まっていることについて、「日本政府としてコメントする立場にない」と述べた。その上で、「一般論として申し上げると、わが国としては米中両国の関係の安定は国際社会にとっても極めて重要である」と語った。

ペロシ氏の訪台をめぐっては、中国外務省の趙立堅(ちょう・りつけん)報道官が1日の記者会見で、「中国の内政に対する乱暴な干渉で、中国の主権と領土保全を深刻に損なう」と述べ、反発を強めている。

会員限定記事会員サービス詳細