ビンラーディン親族から寄付 英皇太子、1億6千万円

チャールズ英皇太子(ゲッティ=共同)
チャールズ英皇太子(ゲッティ=共同)

7月31日付の英紙サンデー・タイムズは、チャールズ英皇太子が2013年10月、米中枢同時テロを首謀した国際テロ組織アルカイダの指導者だった故ウサマ・ビンラーディン容疑者の親族と面会し、側近らの反対にもかかわらず、100万ポンド(約1億6千万円)の寄付金を受け取ったと報じた。

同紙によると、皇太子はロンドンの公邸クラレンスハウスで、ビンラーディン容疑者の異母兄弟で、サウジアラビアの富豪のバクル・ビンラーディン氏と面会。側近らは容疑者の親族らから金を受け取ることに強く反対したが、皇太子が同意し、皇太子の慈善基金「PWCF」が受け取り先となった。

側近らは、史上最悪のテロ事件の加害者親族から金を受け取ったことが明らかになれば「誰にも良いことはない」と助言。王室の評判が落ちるとして返金するよう皇太子に促したが、激しく反論されたという。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細