HV禁止で英生産撤退も トヨタが政府に警告と報道

トヨタ自動車のロゴ
トヨタ自動車のロゴ

トヨタ自動車が、英国で脱炭素化の計画のために2030年にハイブリッド車(HV)の販売が禁止された場合に、英政府に対し英国生産から撤退する可能性があると警告していたことが分かった。英紙サンデー・テレグラフが、環境シンクタンクが入手した文書を基に1日までに報じた。

トヨタは英国内で「カローラ」のHVモデルなどを生産している。HVの販売制限が「生産、販売、その他の事業活動」や、英国での「将来の投資」に影響を与えると政府に指摘した。

英政府はガソリン車とディーゼル車の新車販売を30年に禁止し、HVは基準を年内に策定し最も環境性能に優れたモデルのみの販売を35年まで認める方針。ただ、一部のプラグインハイブリッド車(PHV)以外は対象とならない見通しだという。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細