フォト・動画

守り続け未来へ託す「日本の原風景」 京都「美山かやぶきの里」

集落前の山中から俯瞰(ふかん)した「美山かやぶきの里」。茅葺屋根の家屋が立ち並ぶ姿は、どこか懐かしさを感じる =京都府南丹市美山町(桐原正道撮影)
集落前の山中から俯瞰(ふかん)した「美山かやぶきの里」。茅葺屋根の家屋が立ち並ぶ姿は、どこか懐かしさを感じる =京都府南丹市美山町(桐原正道撮影)

夜明けとともに山に入り、鬱蒼(うっそう)とした尾根を進む。侵入者に驚いたのか。鹿が谷の向こうを駆けていった。しばらく歩くと、視界が開けた。眼下に広がる茅葺(かやぶき)家屋の集落。まるで昔話の世界だ-。

国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されている、京都府南丹市美山(みやま)町の「美山かやぶきの里」。

江戸から明治にかけて建てられた39棟の茅葺家屋が立ち並び、現在も大半の家屋で住民が日常生活を送る。売店や食堂はあるが、「訪れた人々が昔らしさや懐かしさを感じられるまちづくり」を目指す里の観光地化は控えめだ。

中野さん宅の葺き替えを行う「美山茅葺株式会社」の職人。同社は集落内に本社を置き、全国各地の茅葺屋根の葺き替えを行っている =京都府南丹市美山町(桐原正道撮影)
中野さん宅の葺き替えを行う「美山茅葺株式会社」の職人。同社は集落内に本社を置き、全国各地の茅葺屋根の葺き替えを行っている =京都府南丹市美山町(桐原正道撮影)

定期的なメンテナンスが茅葺の家屋を美しく保っている。集落の「北山型民家入母屋(いりもや)造り」と呼ばれる茅葺家屋は、東西南北の面ごとに20~25年おきに屋根の葺き替えを行っている。

取材に訪れたこの日、築160年以上という中野弘子さん(86)宅で屋根を葺き替えていた。午後の休憩で職人にお茶を出していた中野さんは「瓦やトタン屋根より涼しく、夏にクーラーをつけたことはない」と教えてくれた。

里は昨年12月、伝統的な景観を守りながら適度に観光客を受け入れてきたとして、国連世界観光機関の「ベスト・ツーリズム・ビレッジ」に選定された。

一方で、集落には高齢化の波が押し寄せている。住人の8~9割が高齢者で、跡継ぎが決まっていない家も多い。「昔は子供会もあるほど子供だらけだった」(中野さん)が、現在は移住してきた世帯に数人いるだけという。中野さんも一人暮らし。孫が5人、ひ孫が8人いるが皆、集落の外で暮らす。他の世帯も同様だ。

「帰ってこいとはいえないけれど、誰かが継いでくれたらうれしいね。(若者が)働く場があればよいのだけど」。胸中は複雑だ。

未来へ〝日本の原風景〟を残すため、大規模な観光地化や開発を避けてきたことが、集落内で生業を見つけるのが難しい一因になっているという。伝統的な景観か、住民の暮らしか。そんな二者択一ではないまちづくりの模索が続いている。(写真報道局 桐原正道)

ギャラリーページで見る

会員限定記事会員サービス詳細