岸田首相「丁寧な説明が大事」 旧統一教会と政治の関係

岸田文雄首相
岸田文雄首相

岸田文雄首相(自民党総裁)は31日、閣僚や党所属議員と世界平和統一家庭連合(旧統一教会)との関係が問題になっていることに関し、「社会的に問題になっている団体との関係については、政治家の立場からそれぞれ丁寧に説明していくことは大事だ」と述べた。公邸で記者団の質問に答えた。

旧統一教会を巡っては、安倍晋三元首相を殺害した容疑者が恨みを抱いていたことをきっかけに、旧統一教会と政界の関わりに注目が集まっている。

会員限定記事会員サービス詳細