バイデン氏「症状ないが隔離」 新型コロナ再陽性

新型コロナウイルス再陽性となったバイデン米大統領(AP)
新型コロナウイルス再陽性となったバイデン米大統領(AP)

【ワシントン=坂本一之】米ホワイトハウスは30日、バイデン大統領(79)が新型コロナウイルスの検査で再び陽性になったと発表した。27日に陰性が確認され、隔離を解除して対面の執務に復帰していたが、30日午前の検査で再び陽性となった。

バイデン氏は同日、自身のツイッターに「症状はないが、周囲の人々の安全のため隔離に入る」と書き込み、体調に問題がないことをアピールした。主治医も「症状の再発はなく、体調は良好」としている。

21日に陽性が判明したバイデン氏は、ホワイトハウス内で隔離措置を取りながらファイザー製の経口抗ウイルス薬「パクスロビド」で治療。26日夜と27日朝の検査で陰性が確認され、隔離を終えていた。

パクスロビドは治療終了後に再陽性になる「リバウンド」現象が一部の人に出ることが報告されていたため、主治医らは隔離解除後も検査を続けていた。バイデン氏は4回のワクチン接種を感染前に終えており、当初の症状も軽度だった。

会員限定記事会員サービス詳細