トランス選手の出場制限 イングランド・ラグビー

イングランド・ラグビー協会は、トランスジェンダー選手の出場資格を巡り、出生時に男性だった選手が女子でプレーすることを2022~23年シーズンから禁止する(AP)
イングランド・ラグビー協会は、トランスジェンダー選手の出場資格を巡り、出生時に男性だった選手が女子でプレーすることを2022~23年シーズンから禁止する(AP)

イングランド・ラグビー協会は29日、出生時の性別と自認する性が異なるトランスジェンダー選手の出場資格を巡り、出生時に男性だった選手が女子でプレーすることを2022~23年シーズンから禁止する規則改正を理事会で承認した。投票は賛成33、反対26(棄権2)だった。

20年秋から専門家を交えて科学的検証を行ってきた同協会は、「出生時に男性だった選手のスタミナや体格面の優位性は(男性ホルモンの)テストステロン値を下げても変わらない」とし「女子としてプレーすることを認めたら選手の安全や公平性を保てない」と結論付けた。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細