人間の意図を“察知”するロボットが、倉庫で作業員たちと協働し始めた

倉庫で働く作業員の動きをロボットが“察知”し、手助けしてくれる──。そんな倉庫用ロボットを米国のスタートアップが開発している。目指すのは単純な反復作業をロボットに任せて、人間の労働者が新しい仕事に専念できる世界だ。

ロドニー・ブルックスはロボットのことなら何でも知っている。彼はロボットに関する学術研究の先駆者であると同時に、複数の企業の創業者としてロボット掃除機や爆弾処理ロボット、プログラミングに専門知識を必要としない工場用のロボットなどを世に送り出してきた人物でもあるのだ。

そしていま、ブルックスはまたもや革命的な“お助けロボット”を売り出そうとしている。人間のボディーランゲージを読み取り、周囲で働く人々の行動を推測する能力を備えた移動型の倉庫ロボットだ。

人間のすぐ近くで働くロボットが増えるなか、人間と機械とのチームワークを最大限に活用できる方法が見つかれば、企業の生産性向上に貢献できるかもしれない。また、人間の代替ではないロボットたちの新たな仕事の創出につながる可能性もある。とはいえ、人間が出す合図をロボットに読み取らせることは決して容易ではない。

こうしたなかブルックスが新たに設立したロボットメーカーのRobust.AIは、倉庫での作業用に設計された移動型ロボット「Carter」を2022年6月中旬に公開した。「例えて言うなら介助犬のような存在です」と、ブルックスはビデオ通話によるインタビューに答えて言う。「何でも言うことを聞きますよ。こちらの指示通りに動きを変えますし、いつも近くにいて手を貸してくれます」

自律型の“お助けロボット”

Robust.AIのCarterはロボットでありながら、その外見はホームセンターでよく見る台車のようだ。しかし、Carterの土台部分にはモーターが内蔵されており、ハンドルバーの上にはタッチスクリーンが、また潜望鏡のように突き出した部分には複数のカメラが備わっている。

これらのカメラで周囲の様子がスキャンされると、Carterのソフトウェアは近くにいる従業員を検知し、その体勢や動作から何をしているのかを推測しようとする。例えば作業員が箱をいくつか移動させたい場合、自律走行で倉庫内を動き回っているCarterに近づいてハンドルバーを握るだけで手動操作が可能になる。

Carterには、いわゆる“ノーコード”のグラフィカルインターフェースを使った多種多様なタスクの設定が可能だという。例えば、誰かの後をついて倉庫内を歩き回ったり、棚から品物を選んで運んだりする作業だ。

ブルックスは早くからロボット工学の新たな方向性を探り、この分野で大きな注目を集めてきた。一方で、人工知能(AI)の進歩を過剰にもてはやす昨今の風潮を容赦なく批判してきた人物でもある。だが、彼の経歴を見れば、高度なロボット研究の商業化にはさまざまな困難がつきまとうことがわかるはずだ。

会員限定記事会員サービス詳細