米下院議長、アジア歴訪へ出発か 台湾は不透明

ペロシ米下院議長(ロイター)
ペロシ米下院議長(ロイター)

米NBCテレビは28日、ペロシ下院議長が29日に議員団を率いてアジア歴訪へ出発すると報じた。訪問先には日本、韓国、マレーシア、シンガポールが含まれているが、中国が猛反発している台湾を訪問するかどうかははっきりしないという。複数の関係者の話として伝えた。

28日時点の旅程表では、台湾は「仮」の訪問先として記載されているという。ペロシ氏側は「安全保障に関わる」として、アジア歴訪計画について明らかにしていない。

ペロシ氏が実際に訪台すれば現職下院議長としては1997年のギングリッチ氏以来となる。米中協力に関する議連トップを務めるラーセン下院議員はNBCに対し、在米中国大使館から電話で、ペロシ氏に訪台中止を働きかけるよう求められたと明らかにした。

ペロシ氏はミークス下院外交委員長、タカノ下院退役軍人委員長にアジア歴訪に同行するよう呼びかけているという。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細