習主席、台湾で「火遊び」するなと米を牽制 本音は対立沈静化

米国のバイデン大統領(左)と中国の習近平国家主席(AP=共同)
米国のバイデン大統領(左)と中国の習近平国家主席(AP=共同)

【北京=三塚聖平】中国の習近平国家主席は28日のバイデン米大統領との電話会談で、台湾問題に関して「火遊び」などと米国の対応を警告した。ただ、共産党大会など重要な政治日程を控え、対外関係を安定させたい本音もうかがえ、台湾問題以外では協調を呼びかける姿勢が目立った。

中国外務省の発表文によると、習氏は台湾問題に関して「火遊びをすれば必ず焼け死ぬ。米側がこの一点をはっきりと分かることを望む」と強く牽制(けんせい)した。

バイデン政権は「一つの中国」政策について「変更はない」と繰り返し表明しているが、中国側には、実際には台湾支援を強めているとの反発が根強い。会談でも習氏は「米側は言行一致して順守すべきだ」とクギを刺した。

香港紙は29日までに、米原子力空母ロナルド・レーガンがシンガポールを出て南シナ海に入る一方、中国軍も台湾海峡に面する福建省の空軍基地などで態勢を強化したと伝えた。中国国防省報道官は「米国が独断専行するなら中国軍は座視しない」と表明。台湾をめぐる緊張は増している。

中国外務省の発表文は直接触れていないが、ペロシ米下院議長が近く台湾を訪問するという観測も、習氏の念頭にあったことは間違いない。

台湾問題や新疆(しんきょう)ウイグル自治区の人権問題などをめぐる批判には「内政干渉」と受け入れない姿勢を習政権は強める。党機関紙、人民日報系の環球時報は29日の社説で「中米関係を挽回する鍵は米側にある」と責任を押し付けた。

一方で、習氏は「各層で意思疎通を保ち、双方の協力を推進しなければならない」と呼び掛けるなど、台湾問題を除けば、米側との協調を望む姿勢が際立った。国内外の情勢が現在、習政権を米国との対立沈静化へと急がせている。

習氏は、秋頃に開かれる党大会で最高指導者として異例の3期目入りを目指し、8月前半には「北戴河(ほくたいが)会議」で次期指導部の人事調整に臨むとみられる。景気悪化も深刻化する中で対外関係の安定を党内に示したいのが実状だ。ウクライナに軍事侵攻したロシアに巻き込まれる形で、米欧との緊張が高まることを避ける思惑も指摘される。

ただ、米国とのにらみ合いは「長期化する」という考えが中国国内では支配的だ。習政権も「持久戦」の構えを示し、6月には3隻目の空母「福建」を進水させるなど、中長期的に米国に対抗可能な軍事、経済力を得ようとしている。

会員限定記事会員サービス詳細