現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

通州事件はなぜ防げなかったのか 新しい歴史教科書をつくる会副会長・藤岡信勝

藤岡信勝氏
藤岡信勝氏

7月29日は、北京東方の城郭都市・通州で日本人居留民225人が惨殺された通州事件の85周年に当たる。加害者は本来日本人の保護を任務とする親日地方政権の治安部隊(名称は保安隊)で、彼らは日本軍から武器・弾薬を支給され軍事訓練を受けていたにもかかわらず裏切ったのである。

酸鼻を極める蛮行

青竜刀と銃剣で武装した3千人の反乱部隊は午前零時を期して5つの城門を閉鎖し、電話線など通信手段を切断し、城内を密室状態にした上で凶行に及んだ。初めに日本軍守備隊、特務機関、警察署などを襲撃し、次いで日本人が居住する民家や旅館を襲った。

ランキング

  1. 【正論】「太陽光発電」はもう要らない キヤノングローバル戦略研究所研究主幹・杉山大志

  2. 【論説委員 日曜に書く】川瀬弘至 こんな文章 読みたくない

  3. 【浪速風】習政権のオウンゴール

  4. 【産経抄】8月7日

  5. 【田村秀男の経済正解】成長できなくなった中国

  6. 【湯浅博の世界読解】中国衰退の足音が聞こえる

  7. 【産経抄】8月6日

  8. 【主張】原爆の日 現実を直視し平和の道を

  9. 【多面鏡】止まらぬ無差別殺傷 「無敵の人」を生んだのは誰か 東京社会部長・酒井孝太郎

  10. 韓国の海自・旭日旗掲揚拒否問題 前統合幕僚長が明かした本音

会員限定記事