「漫画村」めぐり19億円求め提訴 出版大手3社

記者会見するコンピュータソフトウェア著作権協会の関係者と出版3社の代理人弁護士ら=28日午後、東京都千代田区
記者会見するコンピュータソフトウェア著作権協会の関係者と出版3社の代理人弁護士ら=28日午後、東京都千代田区

人気漫画の海賊版サイト「漫画村」(閉鎖)に著作権を侵害されたとして、出版大手3社が、漫画村の元運営者の男=著作権法違反罪などで実刑判決が確定=を相手取り、総額約19億2900万円の損害賠償を求めて28日、東京地裁に提訴した。

提訴したのはKADOKAWA、集英社、小学館。訴状などによると、漫画村は平成29年6月~30年4月に推計5億3781万回のアクセスがあり、1回のアクセスにつき平均で単行本1巻分が違法に閲覧されたとして損害額を算定。「ONE PIECE」など発行巻数の多い17作品を損害賠償請求の対象とした。

漫画村は最大で1億回近い月間アクセス数があったといい、総被害額は約3200億円との試算もある。

3社は提訴後に代理人弁護士を通じて「漫画村の犯罪収益モデルは同種サイトに大きな影響を与えた。刑事罰に加え、民事的にも責任が追及されるべきだ」とのコメントを出した。

海賊版対策に取り組む一般社団法人「ABJ」(東京)によると、漫画村の閉鎖後も同種の海賊版サイトによる被害は拡大傾向にあり、昨年1年間の被害額は1兆円超に上るという。

会員限定記事会員サービス詳細