休場前の勝ち越しは新番付に反映 伊勢ケ浜審判部長が示唆

両国国技館の日本相撲協会の看板、外観
両国国技館の日本相撲協会の看板、外観

新型コロナウイルス禍で途中休場が続出した名古屋場所に関し、日本相撲協会の伊勢ケ浜審判部長(元横綱旭富士)は27日、休場前に勝ち越しや負け越しが決まっていた力士については秋場所の番付の昇降に反映させたことを示唆した。番付編成会議後に報道陣の電話取材に応じ、「休む前に決まっているわけだから。勝ち越しも、負け越しも」と述べた。

新型コロナ関連で途中休場者が出たのは名古屋場所が初めて。これまで、場所前に新型コロナに感染するなどして全休した場合、その力士の翌場所の番付は据え置きか、1枚降下の措置が取られてきた。親方は「ベースは今までと同じような形で(番付編成を)やってますけど、どうなったか答えられない」とも述べた。7日目から休場したかど番大関の御嶽海は秋場所も大関にとどまるとみられる。秋場所の番付は8月29日に発表される。

会員限定記事会員サービス詳細