特捜部、AOKI前会長宅を捜索 五輪組織委元理事の資金受領事件

AOKIホールディングスの青木拡憲前会長が住んでいるとみられる住宅に入る東京地検特捜部の係官ら=27日午前9時ごろ、東京都渋谷区
AOKIホールディングスの青木拡憲前会長が住んでいるとみられる住宅に入る東京地検特捜部の係官ら=27日午前9時ごろ、東京都渋谷区

東京五輪・パラリンピック組織委員会の高橋治之(はるゆき)元理事(78)の会社が大会スポンサーだった紳士服大手「AOKIホールディングス」(横浜市)との間でコンサルタント契約を結び、多額の資金を受領していた事件で、東京地検特捜部は27日午前、東京都内にあるAOKIホールディングス前会長の青木拡憲(ひろのり)氏(83)の自宅を家宅捜索した。

特捜部はこれまでに、青木氏らを任意聴取。高橋氏へ渡った資金が五輪事業に関連した便宜供与の見返りの疑いもあるとみて、26日に受託収賄容疑で、都内にある高橋氏の自宅や、組織委のマーケティング専任代理店として大会スポンサー企業の選定に深くかかわっていた大手広告会社「電通」の本社など、複数の関係先を家宅捜索している。

高橋氏が代表を務めるコンサルティング会社「コモンズ」(東京)は平成29年、AOKIホールディングス側と契約を締結。五輪閉幕までの約4年間で計約4500万円を受領したとされる。

AOKI側は30年10月、組織委とスポンサーシップ契約を結び、大会エンブレムの使用権などが与えられる五輪のスポンサー企業の一つ「オフィシャルサポーター」となった。大会エンブレム入りのスーツなど公式ライセンス商品を販売した。

AOKIホールディングスは青木氏が捜索を受けたと認め「事態を厳粛に受け止め、引き続き当局の捜査に全面的に協力する」とのコメントを出した。

会員限定記事会員サービス詳細