カザフ出身の関取第1号、金峰山「初めてが大事」

新十両昇進が決まった金峰山=27日、東京都墨田区の木瀬部屋(日本相撲協会提供)
新十両昇進が決まった金峰山=27日、東京都墨田区の木瀬部屋(日本相撲協会提供)

大相撲秋場所(9月11日初日、両国国技館)の番付編成会議で27日、カザフスタン出身の関取第1号となった金峰山は「うれしい。カザフスタンで初めてということが一番大事だと思う」と、ほおを緩めた。

元々、柔道をしていたが、元横綱朝青龍の勧めで高校3年時に来日し、本格的に相撲を始めた。日大4年で全国学生選手権4強。三段目100枚目格付け出しでデビューすると、所要5場所で十両に駆け上がった。突き押しを得意とする25歳は「相撲は番付が上でも下でも、先輩でも後輩でも、勝てるときは勝てるし、負けるときは負ける。それが面白い」と語る。

しこ名は師匠である木瀬親方(元幕内肥後ノ海)の故郷・熊本県の山に由来する。親方はスピード出世を果たした弟子に「むらっ気がある。来場所から15日間、相撲を取るので心のスタミナを付けてほしい」と期待した。(宝田将志)

会員限定記事会員サービス詳細